古紙リサイクル

回収可能な古紙

雑誌類

本や教科書など、雑多な紙の事をいいます。お菓子の箱やラップの芯、封筒などですが、付録(CDや化粧品)等はかならず、取り除いてください。

新聞

新聞配達で配られる、新聞と折込み広告のみを束ねてください。

段ボール

折りたたんで、束ねてください。ガムテープはリサイクル可能な物を使って頂くとより環境負荷が軽減されます。

牛乳パック

中身を洗って、乾燥させて束ねてください。アルミ泊の着いた物は、通常のルートではリサイクル出来ませんので、混ぜないでください。大量に出る場合は別途ご相談させていただきます。

シュレッダー

飛散しないように、ゴミ袋にいれてください。丈夫な袋をご用意いただくか、重ねて使用しますとより効果的です。

製紙会社によって再生できる古紙とできない古紙があります。
また、市況により、使用する場合とそうでない場合がありますので、一旦お断りした古紙でも、再生される場合がありますので、その都度ご確認ください。
現在、特にリサイクルを妨げる古紙は、感熱性発砲紙(点字によく使われています)と転写シート(アイロンプリント紙)です。また、臭い付き紙もリサイクルで大きな妨げになるので、混ぜない様にしてください。

リサイクルフロー

計量

品目ごとに計量されます。

選別

回収時にある程度種分けした古紙は、色・インクの有無・パルプの質など、用途に応じてグレード別に人の手で選別します。

製紙原料となりえない物(禁忌品)は取り除きます。新聞古紙は、リフトで新聞選別ラインに投入します。

圧縮プレス結束梱包

品目ごとに大きな機械にて、自動的にプレスされ、番線(鉄線)で結束されます。

約1000㎏~1400㎏となり、保管・物流に適したサイズとなります。

出荷、各製紙会社へ

圧縮された古紙は、品目毎に、違う製紙会社へ運搬されます。大型トラックで積込まれたり、時には海外用のコンテナへ積込んで、輸出する事もあります。製紙会社は大きく分けて3つ

  ①段ボールなどの原紙を作っている板紙メーカー

 ②印刷用紙などを作っている用紙メーカー

 ③トイレットペーパーを作っている家庭紙メーカー

 以上の会社で紙の原紙を作っています。

 

原紙は、段ボール工場や、紙器工場で製品に加工されます。

また、印刷用紙は印刷会社へ持ち込まれ加工されます。

大きくわけて、リサイクルのルートは以下の流れです。