古着リサイクル

衣類も大切な資源物です。リサイクル出来ることは皆さんご存じですが、その出口について知らない方も多いはずでは?
当社では、関西でも最大手の中古衣料問屋と提携し、リサイクル活動を応援しています。
リサイクルされた、ウエスや毛布の販売もいたしておりますので、お気軽にご連絡ください。

古着・古布のリサイクルの流れ 

当社で一時保管されていた、古着は粗選別した後、中古衣料問屋に持ち込まれます。
私たちの治めている、中古衣料問屋は「ボロ問屋」とも言われ、衣料服以外の物も、取扱いリサイクルしています。
ここでは、中古衣料として、リユース販売できるものを選別する他、工業用ウエスの販売から、自動車等の内装材等へとリサイクルされる「反毛」へと選別しています。

中古衣料

当社に持ち込まれる、約3割がおよそ中古衣料にリサイクルされます。
国内販売や海外へ輸出されるケースも多く、主に東南アジアやアフリカへ仕向けられます。

ウエス(工業用雑巾)

一口にウエスと言っても、様々で顧客に合わせた仕様を加工販売しています。
また、毛布などもそのまま、物流会社等へ販売され、リユースリサイクルされています。

反毛(はんもう)

繊維をもう一度、綿状に戻し、自動車等の内装材へとリサイクルされています。持ち込まれたものの大半がこの反毛へとリサイクルされます。
自動車等の内装材のほかぬいぐるみやカーペットの裏地等、用途は様々ですが、非常に単価が安いのが現状です。

反物(たんもの)

中古の反物が多く出た場合、別途お見積もりさせて頂きます。
反物はルートが異なり、繊維原料商へと販売し、生地としてリサイクルされます。

反物の販売も致します。

※日本の繊維のリサイクル率は10%前後と、非常に低く大半がゴミとして焼却されています。

 繊維1000㎏燃やせば、CO2が2000㎏発生すると言われています。

※一般の方への小売はしておりません。ご了承下さい。